MENU

閉じる

消化器外科ブログ

消化器外科ブログを始めます。

2016-06-02
ブログ更新情報 患者様・ご家族様へ

 本ブログでは消化器外科の専門医が毎月1回、当院の消化器外科の特徴と医師の専門領域を分かりやすくご紹介させていただきます。専門的な内容を気軽な読み物として読んでいただきながら、各医師の個性や専門領域を通し、大腸肛門疾患の専門診療へのご理解を深めていただくことが出来ればと考えております。がん啓発とともに最新最良の医療を安心してお受けいただく一助となれば幸いです。

             

 

●●●消化器外科●●●

当院は大腸肛門疾患の専門病院として、常に最新最良の医療を提供することを目指しています。

● 平成23年に熊本県指定のがん診療連携拠点病院に認定され、現在は7名のがん治療認定医と、4名の緩和ケア指導者のもと、がんの診断、治療から緩和医療までひとつの病院で行っています。 
●大腸癌、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)を中心に手術を行っていますが、胃癌、転移性肝臓癌、胆石症、大腸良性疾患等の手術も行っています。
●年間約140例の大腸癌手術(6~7割は直腸癌)を行っています。その特徴は、①腹腔鏡手術、②下部直腸癌に対する肛門温存手術(括約筋間直腸切除術)、③自律神経温存術、④直腸癌局所再発手術等です。

  消化器外科をご覧ください


タグ: 消化器外科
最新の記事