MENU

閉じる

論文発表

件〜件(全13件)
    内視鏡的に摘除した大腸ポリープの遺伝子解析に基づいたサーベイランス
    著者所属:大腸肛門病センター高野病院     著者:野崎良一     
    共著者 坂田玄太郎,大湾朝尚,谷村 修,山田一隆,高野正博 掲載誌名 消化器科 :43 :4
    ページ:292-298
    :2006.10.28
    低位筋間痔瘻に対する括約筋温存術
    著者所属:大腸肛門病センター高野病院     著者:辻順行     
    共著者 辻 大志,辻 時夫 掲載誌名 臨床外科 :61 :11
    ページ:399-405
    :2006.10.22
    便失禁患者における外肛門括約筋筋電図を使用したバイオフィードバック訓練における評価法の検討
    著者所属:大腸肛門病センター高野病院     著者:山下佳代     
    共著者 中島みどり、大原明子、勝永久美子、近本歩、西勝英、辻順行、高野正博 掲載誌名 バイオフィードバック研究 :33 
    ページ:39-44
    :2006.10.01
    下部直腸癌に対する機能温存手術の有用性
    著者所属:大腸肛門病センター高野病院     著者:山田一隆     
    共著者 緒方俊二,佐伯泰愼,福永光子,辻 順行,高野正博 掲載誌名 癌の臨床 :52 :5
    ページ:395-401
    :2006.09.30
    大腸ポリープ(腺腫)と肥満との関連性について-性差による検討-
    著者所属:大腸肛門病センター高野病院     著者:佐藤友美     
    共著者 野崎良一, 山田一隆, 高野正博 掲載誌名 総合健診 :33 :5
    ページ:502-505
    :2006.09.10
    再び緊急警報-胸の厚さの2分の1圧迫を排除せよ-
    著者所属:大腸肛門病センター高野病院     著者:森岡亨     
    共著者 掲載誌名 日本医事新報 : :4298
    ページ:81-82
    :2006.09.09
    クローン病手術例における続発性アミロイドーシスの臨床的検討
    著者所属:大腸肛門病センター高野病院     著者:谷村修     
    共著者 野崎良一,大湾朝尚,有馬俊裕.山田一隆,高野正博 掲載誌名 日本大腸肛門病学会雑誌 :59 :8
    ページ:441-447
    :2006.08.01
    直腸がん
    著者所属:大腸肛門病センター高野病院     著者:山田一隆     
    共著者 掲載誌名 くまもと版 家庭の医学本 : 
    ページ:62-63
    :2006.07.10
    内肛門括約筋切除肛門温存術-標準治療となり得るか-
    著者所属:大腸肛門病センター高野病院     著者:山田一隆     
    共著者 緒方俊二,佐伯泰愼,福永光子,辻 順行,高野正博 掲載誌名 外科治療 :95 :1
    ページ:29-37
    :2006.07.01
    大きさ20mm以上の大腸腫瘍に対する内視鏡治療の臨床的検討-特に分割切除の妥当性について-
    著者所属:大腸肛門病センター高野病院     著者:野崎良一     
    共著者 松平美貴子,山田一隆,高野正博 掲載誌名 日本大腸検査学会雑誌 :23 :1
    ページ:24-30
    :2006.06.30
    Efficient interval of colorectal cancer screening using immunological fecal occult blood testing and flexible sigmoidoscopy
    著者所属:大腸肛門病センター高野病院     著者:野崎良一     
    共著者 谷村修,有馬俊裕,大湾朝尚,山田一隆,高野正博 掲載誌名 Japan Medical Association Journal (JMAJ) :49 :5-6
    ページ:192-202
    :2006.06.10
    経過観察中に急速に進展した直腸および胃重複癌の症例
    著者所属:大腸肛門病センター高野病院     著者:緒方俊二     
    共著者 山田一隆 掲載誌名 診断と治療の現況 colitic cancer : 
    ページ:169-171
    :2006.05.20
    第4章直腸癌に対する肛門温存手術(4) 肛門括約筋切除術
    著者所属:大腸肛門病センター高野病院     著者:山田一隆     
    共著者 緒方俊二,佐伯泰愼,福永光子,辻 順行,高野正博 掲載誌名 大腸疾患NOW 2006 : 
    ページ:149-152
    :2006.01.20