MENU

閉じる

健康教室・講演会

10月26日(土)開催 第172回高野会健康教室(潰瘍性大腸炎、クローン病)

2019-10-18
患者様・ご家族様へ 病院からのお知らせ

 

第172回高野会健康教室は当院の臨床工学技士 金子秀作より「炎症性腸疾患のチーム治療における臨床工学技士の役割について」、看護師 霍田菊代より「炎症性腸疾患のチーム医療における看護師の関わりについて」と題してお話し申し上げます。

当院の炎症性腸疾患(IBD)センターでは、専門医が最新の治療を行い、各職種が連携して患者さん一人一人に寄り添ったチーム医療を行っており社会復帰への支援、医療連携による患者さんのフォローアップなどに取り組んでいます。

そこで今回の健康教室では、炎症性腸疾患(IBD)センターにおける臨床工学技士、看護師の取り組みについてわかりやすくお話し申し上げ、これからの病気への付き合い方の一助にして頂ければと考えております。

皆様にはお忙しい時期かと存じますが、ご本人はもとよりご家族の方も一緒にご参加いただきますようご案内申し上げます。  

 

項  目 内 容
日  時

令和 元年 10月 26日(土)14:00~16:00
(受付13:30から)

場  所

大腸肛門病センター高野病院 6階 グリーンホール

※お車でお越しの方は駐車券を会場までお持ちになり、健康教室受付にご提出下さい。

講演・講師

講 演Ⅰ:「炎症性腸疾患のチーム治療における臨床工学技士の役割について」」

講 師:大腸肛門病センター高野病院 臨床工学技士 金子秀作

 

講 演Ⅱ:「炎症性腸疾患のチーム医療における看護師の関わりについて」

講 師:大腸肛門病センター高野病院 看護師 霍田菊代 

参加費 500円(令和元年度会員になられた方は無料です)
申込み締め切り

令和 元年 10月 25日(金) 

申し込み先

【高野会健康教室事務局】
電話 096-320-6500 FAX096-320-6530
E-mail:reneki@takano-hospital.jp

 

 

 

 

 


最新の記事