MENU

閉じる

疾患情報

肛門科

痔・肛門疾患

肛門周囲膿瘍

肛門周囲膿瘍

  肛門周囲が腫れて膿が溜まった状態です。ほとんどの肛門周囲膿瘍は肛門内に存在するくぼみに便中の細菌が侵入し、発生します。
症状は痛み、腫れで、ときに高熱(38~39℃)がでることがあります。軽度であれば、抗菌薬内服で軽快する場合がありますが、ほとんどの膿瘍は痔瘻へ移行し、後日根治術が必要になります。原則として膿が溜まっている場合には切開し、早く膿を出すことが必要となります。切開排膿の際には患部に局所麻酔を行い、切って膿を出します。膿が溜まっている範囲が広い場合には入院して腰椎麻酔下の排膿が必要になります。