MENU

閉じる

疾患情報

泌尿器科

泌尿器科疾患

尿路・性器の感染
尿路の感染(性行為感染症を除く)は一般的に女性に多くおこります。
感染が繰り返し起こったり、長引いたり、男性に発生する場合は合併症の有無を調べる必要があります。
 

急性膀胱炎

1.症状
排尿痛、頻尿、尿混濁、残尿感、時に血尿などを呈します。
微熱を伴うこともあります。

2.検査
まず検尿が必要です。細菌を確定するため培養を必要とすることもあります。

3.治療
抗生物質の服用3-5日が必要です。
最近は市販の抗生物質もありますが、あまり効果は期待できません。
その他、水分の摂取、安静が望ましいです。

 

急性腎盂腎炎

1.症状
膀胱炎症状に伴い、発熱と背部痛がみられます。妊娠や産後などは注意が必要。

2.検査
検尿、尿細菌培養を行います。必要であれば、エコーや造影などによる尿路の検査を行います。

3.治療
抗生物質の服用7-10日が必要です。入院をして、点滴で抗生剤の投与が必要なことも多いです。水分の摂取、安静が必要です。

 

急性前立腺炎

1.症状
軽い残尿感、排尿障害を伴うことが多いですが、38℃以上の発熱を来たします。
悪寒、戦慄を伴うこともあります。発熱だけの症状のこともあり、原因不明の発熱として治療される事も少なくありません。ゴルフや山歩き、長時間の運転、サイクリングの後などに起こることがよくあります。精巣上体炎を伴うことも多いです。

2.検査
検尿、採血、前立腺の触診などを行います。

3.治療
一般的に入院の上、抗生物質の点滴が必要です。時に、敗血症に進展することもあります。

 

急性精巣上体炎

1.症状
陰嚢、精巣上体の発赤と腫脹、疼痛。発熱。ほとんど前立腺炎に合併しておこります。

2.検査
視診、触診で容易に診断されます。

3.治療
局所の冷罨法、抗生剤の投与を行います。鎮痛剤を使用します。

 

急性精巣炎

1.症状
ほとんどが急性耳下腺炎後に発生します。耳下腺炎後4-7日で精巣の腫大、疼痛が出現します。大体片側性であるが時に両側性の場合もあります。

2.検査
視診、触診と耳下腺炎の有無で判断します。

3.治療
局所の冷罨法などの対症療法、消炎剤の投与のみですが、時にはrーグロブリンの投与を行うこともあります。

 

慢性前立腺炎

急性前立腺炎から移行することもあります、最初から慢性の形を取る場合もあります。運転手や事務など長時間座位を取る職業の人に多くみられます。

1.症状
頻尿、残尿感、下腹部や会陰部の痛みや不快感など色々な症状があります。

2.検査
検尿、前立腺液検査、前立腺触診などを行います。

3.治療
検尿、前立腺液で感染を認める場合は抗生剤や消炎剤を投与します。
その他の場合には消炎剤の投与や前立腺マッサージや冷、温罨法を行います。
ただ、前立腺には特に問題ない場合も多く、心療内科的な治療を必要とすることも多いです。

 

性行為感染症

以前は梅毒、淋病、軟性下疳、鼠経リンパ肉芽腫(第4性病)の4つを性病としていましたが、最近は性的な接触で感染する色々な疾患を性行為感染症とされています。毛虱、疥癬、B型肝炎、エイズなども含まれる。また、性行為感染症には必ず相手がいるので、一人だけの治療では不十分であり、パートナーの治療が同時に必要となります。そして、治療は症状が消失しただけでは不十分で、完全に治癒したかどうか確認が大事です。

 

淋菌性尿道症

1.症状
性的な接触後(最近はファッションヘルスなど、性交以外の接触でも感染します。)3-7日して尿道から膿の排出と尿道の発赤、排尿痛がみられます。後には頻尿、残尿感などが出現することもあります。

2.検査
尿道分泌物の検査で淋菌を検出します。

3.治療
原則として、抗生剤の投与を行いますが、最近では色々な抗生剤に耐性を持つ淋菌も多く、注射薬であるセフォジシムやスペクチノマイシンの投与を行います。

 

非淋菌性尿道炎

性行為で感染する尿道炎のうちで淋菌性尿道炎以外の尿道炎をさし、クラミジア、ウレアプラズマなどによる感染が多くみられます。淋菌と比べると症状が軽く、特に女性では自覚症状が無いことも多く感染に気が付かないこともあります。

1.症状
性行為後1週から長い時には1-2ヶ月後に尿道の不快感や軽い尿道痛を認め、分泌物も薄く、量も少なくなります。前立腺炎を併発すると残尿感などが出現することもあります。

2.検査
一般的な顕微鏡では検出不能であるため、尿や女性では膣分泌物の抗原検出法や遺伝子診断法が行われる。また、血液検査による方法もあります。

3.治療
アジスロマイシン1gの1回投与を行います。他にドキシサイクリン200mg1週間投与を行います。