MENU

閉じる

疾患情報

泌尿器科

泌尿器科疾患

尿路結石

尿路結石は腎、尿管、膀胱、尿道結石があります。
腎結石は一般的に症状が無い場合が多いです。腎結石が尿管に移行すると強い疼痛を来たします。吐き気を伴うこともあります。血尿も多く見られます。膀胱結石は膀胱炎を合併することも多くあります。また、結石が膀胱の出口を塞ぐために、尿が止まることもあります。尿道に結石が詰まると、尿が出にくくなります。
検査は超音波やX線写真、検尿などを行います。
治療は最近は体外衝撃波による結石の破砕がほとんどですが、膀胱結石では尿道から機械を入れて、結石の砕石を行います。