MENU

閉じる

疾患情報

泌尿器科

泌尿器科疾患

尿失禁

1.腹圧性尿失禁

女性に多く見られ、咳や走ったり、跳んだりした時に尿が漏れます。

 

2.急迫性尿失禁

尿意を感じると我慢できずに尿が漏れます。

 

3.流溢性失禁

前立腺肥大症のときに見られます。前立腺が大きいために思うように排尿できません、知らないうちに尿が漏れます。

 

4.機能性失禁

尿路には異常ないが、認知症のためにトイレではない所で排尿します。あるいは、脳出血などのために手や足が不自由のためにトイレまでなかなか行けなかったり、ファスナーを下ろせなくて漏らしてしまう場合などがあります。

 

5.真性失禁

手術の際に尿道括約筋損傷を受けたり、尿管が膀胱以外の場所に開口したり、膀胱外反症などで尿が常に体外に漏れている状態を言います。

 

検査
膀胱内圧検査、尿流量検査、エコー、残尿測定などで診断します。

治療
腹圧性失禁には骨盤底筋体操や尿道吊り上げ術などを行います。
急迫性失禁には薬物療法が行われる。溢流性失禁では手術が行われますが薬物療法も行われるます。
尿失禁は老年期に多く、オムツあるいはバルンカテーテル留置となることが多いです。