MENU

閉じる

疾患情報

消化器内科

小腸検査 カプセル内視鏡

カプセル内視鏡検査の実際

 

カプセル内視鏡検査の流れ

ステップ 1    前処置  
           前日の20時に内視鏡検査前処置用の腸管洗浄液
          (当院ではマグコロール
P等張液)を 900ml服用します。
           前日の食事制限はありません。
                 
           等張液

ステップ 2   準備         
腹部8ヶ所にカプセル内視鏡検査用のセンサーアレイを貼り付け、データレコーダに接続し、ベルトを装着します。
  
 
ステップ 3 服用   
カプセル内視鏡PillCam SBを飲みます。
              


ステップ 4 記録 
検査時間は約8時間です。
           検査中、画像をデータレコーダに記録します。
機械が自動的に記録します。患者さんは日常生活が可能です。
軽作業であれば仕事も可能です。
                
           データレコーダ

 
ステップ 5 読影  
データレコーダ、センサーアレイを取り外します。
55千枚~6万枚の画像を専用のコンピューター
画像解析システム
PAPIDワークステーションで読影し、
診断を行います。