MENU

閉じる

疾患情報

消化器外科

胃がん

胃がんの再発・転移

 

胃がんの再発転移には大きく3つの経路があります。
リンパ節転移、血行性転移、腹膜播種です。

 

(1) リンパ節転移 胃原発巣から周囲のリンパ節に徐々に及びます。最終的には静脈に流れ込みます。原発巣近傍のリンパ節転移だけならば、手術時に一緒に切除できます。遠く離れたものは切除することは難しくなります。
(2) 血行性転移 胃がんの血行性転移の代表的な場所は、肝、肺、骨、皮膚、などです。
(3) 腹膜播種 胃壁の最外層である漿膜をこえたがんが、直接腹腔内にばらまかれる現象で、これによりがん性腹膜炎を起こします。