MENU

閉じる

疾患情報

肛門科

痔・肛門疾患

血栓性外痔核

 

血栓性外痔核

肛門にスポーツや便秘などの負担がかかることで発症する場合が多く、肛門周囲の血液の流れが悪くなり(うっ滞)、血管内に血栓と呼ばれる血液の塊(要は血豆)を形成し肛門が腫れる、頻度の高い肛門疾患です。


症状:痛み・腫脹、自壊すると出血。

治療:
ほとんどの場合は鎮痛剤や腫脹を抑える薬の内服並びに軟膏・座薬で改善します。痛みが強いときや大きいものは手術(外来での局所麻酔下での手術)で切開し血栓を除去します。
痛みで排便困難を伴う場合などは緩下剤(便を軟らかくする薬)を処方することもあります。