MENU

閉じる

疾患情報

肛門科

痔・肛門疾患

おしりの衛生10か条

おしりの衛生10か条
痔を予防するための10カ条です。

1. 毎日入浴しましょう
風呂に入って温めると血行がよくなり、清潔にもなります。最高の予防、治療法です。
2. おしりをきれいに
肛門を汚くしておくと細菌が繁殖します。排便の後はきれいにしておきましょう。
3. 便秘はよくありません
便秘をすると、便が腸内にたまって排便の際に肛門を傷つけます。毎朝食事の後排便することが大切です。
4. 下痢もよくありません
下痢は肛門を刺激し不潔にもなり、細菌感染を起こします。
5. トイレは力まず、ゆっくりと
排便の時あまり力むと肛門に充血、出血をきたします。このほか重い荷物を持ち上げたりすることも急激にお尻に負担がかかるのでよくありません。
6. 腰を冷やさない
腰を冷やすと肛門の血行が悪くなるのでよくありません。
7. 長く座ったままの仕事や、長いドライブはよくありません
座りっぱなしでいると肛門に充血をきたします。時々立ち上がり、気分転換もかねて体操をしましょう。
8. 酒・こしょう・辛子などの刺激物はさけましょう
酒などのアルコール類や刺激物はあまり消化されずに出てくるので、肛門を刺激して充血を起こさせます。
9. 野菜を食べましょう
繊維質の多い野菜や果物を食べると便が出やすくなります。
10. 間違った治療は禁物
正しい診断が痔を治す第一歩です。腸の病気でないことを確かめることも大切です。