MENU

閉じる

大腸憩室疾患を学ぶ会

大腸憩室は、大腸に外側にできた小さな袋のことを言います。そのほとんどが無症状で、大腸の検査をされた時に憩室がありますと説明を受ける方が多いようです。特別な治療法はないのですが、憩室の個数を増やさないようにするとともに、時々この憩室から出血したり、炎症を起こすことがありますので注意が必要です。
対策としては、腸に負担がかからないよう排便状態をコントロールをして、便秘や下痢が長く続かないようにすることが大切で、食事の工夫や下剤等の薬の使い方などご説明しています。