MENU

閉じる

先輩看護師の声

田尻さん

新人看護師

田尻さん

[取材時入職2年目]

感謝の気持ちを持ち、
多くのことを学び成長していきたい

私の今の仕事

入職当初は不安と緊張で一杯だったことを思い出します。また、知識や技能の不足による小さな失敗がある度に自分が看護師に向いていないのではと思う事ばかりでした。しかし、先輩方が業務終了後も相談に乗ってくださり、技術練習に付き合ってくださったお陰で現在まで続けることができました。現在では自分の力でアセスメントができるようになり看護がとても楽しく感じられます。

高野病院でよかった

当院は大腸肛門疾患に特化した病院であり、大腸癌術後のストーマケアに関しては専門的に学ぶことができました。皮膚・排泄ケアの専門看護師を中心としたストーマケアの基本、装具選択についてや合併症についてなど幅広く学習でき、患者さんそれぞれ違った社会的背景がある中でその人にあったケアの方法など先輩看護師から指導を受けながら現在でも勉強中です。これからもプリセプター・先輩看護師・患者さんに感謝の気持ちを持ち、多くのことを学び成長していきたいと思います。高野病院に就職して本当に良かったと思います。

田島さん

先輩看護師

田島さん

看護師は患者さまに寄り添える
重要な役割を担っている

患者さんの笑顔

田尻さんは「患者様を第一に考える」という看護師として大切な思いをもって患者さんに接する事ができていたと感じます。時には未熟さゆえに不安になることもあったと思いますが、不安に思った事を表出しやすいように声掛けし、また不安に感じた事はチーム内で共有し助言や指導を行い、共に解決していく事で田尻さんへのサポートを行いました。今後はチーム医療の一員としてQOLの向上を目指した看護について考え行動していってほしいと思います。私は看護師経験を通して看護師とは患者様に寄り添える重要な役割を担っていると考えます。その役割を十分に果たせるようこれからも患者さんの笑顔が少しでも増え、患者さんのニーズに応えられる看護師として成長していって欲しいと思います。「頑張れー、田尻さん!」