MENU

閉じる

看護部長メッセージ

ナイチンゲール精神に基づいた、
質の高い看護の継続を
責任をもって提供いたします。

中田 優子

大腸肛門病センター高野病院 看護部 部長 中田 優子

看護部では、ナイチンゲール精神に基づき、個々の患者さんおよびご家族のニーズに応じた質の高い看護と患者さん中心の継続した看護の提供を目指しています。
看護方式は固定チームナーシングを採用しています。患者さんを入院から退院まで1人の看護師が受け持ち、それを固定メンバーで構成したチームが支援することで、質の高い看護が継続性と責任性をもって提供され、さらにはチームメンバーの育成にも繋がっていると考えています。このチームでは、専門職として科学的かつ主体性のある看護を目指し、看護研究や患者のニーズを基にした業務改善活動にも取り組んでいます。
また、主体的な能力開発のための専門職教育については、病院からのバックアップもあり、各種の資格取得が進み、数多くの認定看護師や専門療法師などが誕生しています。資格を取得したナースは、院内の各医療チームで活動の中心となったり、専門看護外来を担当するなど、その役割を拡げています。
今後は、専門病院の看護部として地域へ貢献できる活動に取り組んで行きたいと思います。