MENU

閉じる

教育プログラム

看護部の教育理念

高野病院および看護部の理念に基づき、組織の一員としての自覚を持ち、主体的な能力の開発を行い、専門病院としての質の高い看護を提供できる人材を育成します。

看護部の教育目標

  1. 資格等級基準の目標に基づいた臨床能力の開発
  2. 専門分野のリーダーおよび認定看護師の育成
  3. 看護研究の推進と支援
看護部の教育理念 イメージ

入職年数別到達目標・コース別研修

1年目

 
 
 
 
 

経年別教育 <卒後1年目>

病院・看護部の理念を理解し、職場に早期に適応して、看護実践者としての基本的能力を習得していきます。

2年目

 
 
 
 
 

経年別教育 <卒後2年目>

基本的な看護の実践に加え、専門的な知識・技術の習得を行い、プロセスレコードを活用してコミュニケーション能力の向上を図ります。

3年目

 
 
 
 
 

経年別教育 <卒後3年目>

自ら看護研究に取り組み、看護の振り返りを行って看護観を高め、リーダーシップを発揮できる様、リーダーとしての役割・業務の理解を深めていきます。

4年目以上

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

専門看護教育(認定看護師による研修)

<緩和ケア>
緩和ケアを受ける患者さんを全人的に理解し、質の高い緩和ケアを実践します。
<がん化学療法看護>
がん看護を理解し、がんに対する治療を学び、がん化学療法看護を実践します。
<皮膚・排泄ケア>
皮膚・排泄ケア領域においてアセスメント能力を高め、身体的・精神的・社会的側面を考慮した看護実践を目指します。

管理クラス

経年

看護部の管理者として必要な知識やスキルを習得し、管理者としての能力向上を図ります。

  • ・看護管理者研修
  • ・人事評価者研修
  • ・中間管理職研修
  • ・キャリア開発研修

看護部全体研修

入職年数に関係なく、看護部全体でも各種勉強会や研修会を行い、質の高い看護につなげています。

・救急看護勉強会(BLS・人工呼吸器)
・看護過程勉強会
・臨床倫理研修会
・オンデマンド研修(学研・S-QUE研究会)

 看護部の研修の様子はブログをご覧ください。