MENU

閉じる

栄養科

栄養科 写真

高野病院栄養科では、肛門術後の治療食として、5分搗き米を使った高繊維食を提供しています。また、炎症性腸疾患を含む大腸疾患や腸術後の食事として、低脂肪、低残渣(食物繊維を控えた)消化の良い食事を提供しています。

栄養科特徴

食事では、肛門疾患、腸術後食、IBD食糖尿病食など対応しています。食事サービスにも力を入れ、行事食や季節食なども月に1~2回開催しています。また、疾患に応じた栄養指導も個別に行います。栄養管理では、NSTチームの一員として栄養管理面のサポートを担当しています。その他、院外に向けた栄養教室、講演会、各種イベントなどに積極的に取り組んでいます。

入院中の食事

高繊維食の提供(肛門疾患、NISを中心に食物繊維の多いメニューを提供)
低繊維・低脂肪の食事炎症性腸疾患、腸術後)
スマイルメニュー(化学療法中の食事対応)
高繊維レシピの紹介

栄養指導

院内栄養教室(退院後の食生活について) 月2回開催(第1・第三火曜、16:30~)
入院栄養指導(各疾患に対して、パンフレット、献立を用い指導)
外来栄養指導(各疾患に対して、パンフレット、献立を用い指導)
外来クローン病患者さんへ毎月身体計測・食事問診を行い栄養管理に努めています。

各疾患に対する食事療法のご案内

NST活動について

外科手術症例を対象とした外科NSTでは、術前の栄養状態の把握や、術後の栄養状態を速やかに改善させるためチームで検討し、適宜栄養剤の検討を行います。
炎症性腸疾患症例を中心に内科NSTでは、主に腸の所見、検査データをもとに、チームでカンファレンスし治療方針を決定していきます。
また、外科の症例検討会、緩和ケアカンファレンス、大腸肛門機能科カンファレンスなどに参加し、情報収集・提供に努めています。

啓発活動

外部講演(生活習慣病予防の食生活、がん予防の食生活など担当)
料理教室(便秘予防、生活習慣予防、IBD栄養教室)

イベント

リレーフォーライフ(がん患者支援イベントの食事提供担当)
熊本市主催のわくわく江津湖フェスタ『食と健康フェア』へ出展し毎年トマトゼリー800個無料提供や栄養相談を担当)

栄養科だより

炎症性腸疾患の患者様にむけた情報誌を発行しています。

栄養科ブログ

活動やレシピのご紹介しております。

  栄養科ブログはこちら

食事アンケート

入院患者様に食事のアンケートを行っております。

  食事サービスアンケート結果

専門資格

日本静脈栄養学会 栄養サポートチーム専門療法士認定取得
日本病態栄養学会 病態栄養認定管理栄養士取得