MENU

閉じる

放射線科

放射線科 写真

高野病院放射線科は、コメディカルの一員として各診療科の依頼による画像診断の検査を行う部門です。 患者さんや医療スタッフへの放射線被ばく低減と適正利用に努めています。X線撮影装置、CT、MRI、超音波といった画像診断装置の適正な操作と運用に努めています。
構成人員:診療放射線技師 6名(男性5名 女性1名) 放射線科事務 1名
保有資格:第1種放射線取扱主任者、X線CT認定技師、超音波検査士、医療情報技師、医用画像情報精度管理士、放射線管理士、消化器内視鏡技師

業務内容

  • 1.一般撮影(X線撮影装置1台)
  • 2.ポータブル撮影(ポータブルX線撮影装置1台)
  • 3.X線透視検査(FPD透視装置、DR透視装置 計2台)
    消化管(胃、小腸、大腸)造影、排便造影、膀胱造影など
  • 4.超音波検査(超音波診断装置3台)
    腹部、心臓エコー、IBDエコー(クローン病や潰瘍性大腸炎などの腸管エコー)、
    表在・血管エコー、術中エコー、訪問診療(施設での超音波検査)
  • 5.CT検査(64列マルチスライスCT装置1台)
    頭部・胸部・腹部・骨盤など全身、大腸CT(CT Colonography)、DP-3DCT(骨盤臓器脱の評価)、 紹介CT検査(地域医療機関への高額医療機器共同利用)
  • 6.MRI検査(永久磁石型MRI装置0.3T)
    頭部・腹部・骨盤・頚椎・腰椎・膝関節・足関節など全身DP-MRI(骨盤臓器下垂)、紹介MRI検査(地域医療機関への高額医療機器共同利用)

大腸肛門を専門とした放射線科の特徴

大腸肛門病の専門施設として放射線科では、大腸癌や炎症性腸疾患、大腸肛門の機能に関する検査を行っております。大腸癌、ポリープの早期発見においてはマルチスライスCTを用いたCT colonography検査を早期に臨床応用を行いました。また、潰瘍性大腸炎、クローン病といった特定疾患の検査として腸管エコー検査を行い、炎症の範囲や重症度の評価を行っております。当院の特色である直腸肛門機能検査では、排便障害をもつ患者に対し排便造影検査(ディフェコグラフィー)や骨盤内臓器の下垂症評価にDynamic Pelvic CT検査を実施しています。

主な検査のご説明

CT検査

より患者負担の少ない先進画像診断へマルチスライス CT 導入
CT検査 画像

コンピューター断層撮影装置(CT)は、1998 年に画期的な進歩を遂げました。一回転で複数の画像が得られるマルチスライス CTが登場し、当院でも2002 年に稼動を開始しました。2012年には東芝Aquilion CXL 64列のマルチスライスCT を導入しより高精細な画像診断が可能となりました。頭部におけるくも膜下出血や肺がん、腹部臓器におけるがんや転移、下肢においては静脈血栓の診断など全身幅広く利用できます。短時間で多くの画像撮影が可能となったことにより、造影剤を用いた動静脈相の撮影や三次元画像の構築も可能となりました。当院では大腸肛門病の専門病院として以下の検査に取り組んでおります。

疾患ごとの検査について

超音波検査

消化管を専門とした当院の消化管超音波検査
超音波検査 画像

当院は、潰瘍性大腸炎(以下UC)やクローン病(CD)などの炎症性腸疾患(IBD)に関する超音波検査を実施しています。IBDに対する検査は、大腸内視鏡検査や消化管造影検査などが一般的ですが、前処置や検査時の送気により症状悪化の引き金になることがあります。そこで、苦痛を伴わずに炎症部位の検査が繰り返し出来る超音波検査は、長期経過観察を必要とする疾患では、特に欠かせない検査となっています。

疾患ごとの検査について

透視造影検査

直腸肛門の排泄機能を評価するディフェコグラフィー検査
透視造影検査 画像

当院は便漏れや便が出にくい方に対し直腸肛門の機能を客観的に評価できる画像診断を行っています。排便造影(ディフェコグラフィー)検査は、偽便を用い、直腸から肛門を通って排出に至る状態をX線下に再現させる検査法で、直腸肛門の機能あるいは形態的な変化を観察する検査法です。

疾患ごとの検査について